空港からエディンバラ市街まで、交通手段を紹介します。
情報は2017年12月現在のものです。料金など変わっているかもしれません。ご確認ください。

エディンバラには公共交通手段として、バスとトラムがあります。バスは空港からは3つルートがあって、そのうち街の中心へ行くものはバス100番、通称Air Linkです。その他にバス200と300があり共に市街地へ向かいますが微妙に外れたルートを通るので、市街地へ直接向かう場合以外は、ホテルの最寄りバス停を調べて選ぶと良いでしょう。ちなみにエディンバラに地下鉄はありません。以前は安いローカルバスの35番がありましたが名称が300に変更となり、料金も100と同じに統一されました。

エディンバラ空港から市街まで、3つの交通手段の比較
交通手段 メリット 値段 所要時間
1 バス100番(通称Airlink) トラムより安い £4.50 約30分
2 トラム 乗り心地がいい £5.50 約30分

 

空港からエディンバラ市街までの主な交通手段はこちらの2つです。安い順に書きました。上の表の所要時間の到着場所は市街地中心部です。詳しく解説していきます。

 

1,100番バス(通称Air Link)

エアリンクと呼ばれる青いバス。このバスに乗る利点は、空港から市街に来るときに終点のWavely BridgeがPrinces Street(メインストリート)とWavely Station(中央駅)近くなので、市街地に行くならそのまま乗っていればいいというところです。またおつりもでます。

チケット料金は一度の乗車で大人が£4.50(約700円)、子供が£2.00(300円)です。乗車距離や時間に関係なくこの料金になります。

100番バスの乗り場

空港外の目立つところに青いバスが止まっているので簡単に見つかります。チケット売り場もあり乗る前に買えるので、乗るのが簡単です。停留所の車内アナウンスもあるので、途中で降りる場合も簡単です。

こちらが終点のWavely station前のバス停Wavely Bridgeです。右奥に二台止まっている青いバスがAir Linkです。空港行きのバスの始発もここからです。

あとAir Linkは24時間10分ごとに走っているので便利ですね。Wifiはエディンバラのバスやトラムにはどれもあるので、このバスにもあります。

また他のバスの詳しいルートやその他の料金プランなどはLothian BusのWebサイトのこちらのページに載っています。

まとめ

  • 青いバス
  • 24時間運航
  • 終点まで行ってOK
  • 停留所の案内がある
  • おつりがでる
  • Wifiあり

 

3、トラム(路面電車)

トラムも数年前に最近できましたが、空港と市街間は特別料金で£5.50です。自販機はカードかコインしか使えないので注意です。それ以外ならローカルバスと同じ£1.60。空港内かトラム乗り場の自販機でチケットが買えます。 

こんな感じで街中を走っていきます。お金があるならトラムが路線を走るので揺れも少なく、一番快適でしょうね。

観光地としてはメインストリートのPrinces Streetで降りるのが良いですが、終点のYork Placeも2駅先で、歩ける距離なので、間違えて終点まで行っちゃっても大丈夫ですよ。時間も早く着くので時間節約で観光を楽しみたいならトラムもいいですね。

トラムの乗り場はバス停とは違うところにあるので、空港では乗り場案内を見て向かいましょう。チケットは乗る前に買わないと罰金を取られるのでその点では気を付けないといけません。私はエディンバラ市内のLothianが運営するバスやトラムに全て乗れる定期券を持っているので、今度空港に行くときはこれでいこうと思っています。

まとめ

  • 乗り場はバスと別
  • Princes Streetで降りる
  • 終点まで行っちゃってもOK

 

ちなみに空港ルート以外のバスではエディンバラではおつりがでません。市街地のバスは一度の乗車で距離に関わらず£1.60なので、バスに乗る前に小銭を用意する必要があります。道行く人やお店でも頼めば結構両替してもらえるので、乗る前にちょうどの金額を用意しておきましょう。

空港行きのバスだけは£4.50と高めになりますがその分おつりが出ますし、バス停の案内もあって安心です。どちらにしろ、一番高いトラムでも他のヨーロッパの都市に比べるとエディンバラの市街地までの交通機関はかなり安いです。乗るのも簡単なので安心していらして、エディンバラでの観光を楽しんでください 🙂