留学・就職と経て、エディンバラにもう三年半住んでいて、よく旅行に来た友人なんかを街の案内するので、エディンバラにもだいぶ詳しくなりました。
なので、これから旅行でいらっしゃる方のために数日で回れるエディンバラの観光名所をまとめたいと思います。
エディンバラはスコットランドの首都といえど、東京に比べれば小さいですし、数日あれば主要な場所はまわれると思います。 東京だったら…観光地全部まわろうと思ったら一週間でも足りないですよね。
今回はエディンバラ滞在日数に合わせて、ゆとりのある3日用プラン弾丸向け1日用プランに分けてエディンバラの主要観光名所をご紹介します。
 

エディンバラ観光名所リスト(★は特にオススメ)

 
その前にまずはエリア別、エディンバラの観光地一覧です。
エディンバラは大まかにいって、中心街の南半分のオールドタウンと、北半分のニュータウン、そしてその他のエリアに分けられます。
 
northbridge

地図の赤いところがノースブリッジ(North Bridge)で、鉄道の線路をまたぐ青い色の大きな橋です。このノースブリッジを境に下がオールドタウン、上がニュータウンです。

P1050039
オールドタウン側から見えるノースブリッジとニュータウン。
下の屋根みたいなのがエディンバラの中央駅、ウェイブリー駅です。

オールドタウン

  • ロイヤルマイル★
  • エディンバラ城
  •  ホリルードパレス
  •  ボビー像
  •  エディンバラ大学
  • スコットランド国会議事堂

 

ニュータウン

  • プリンシスストリート★
  • プリンシスストリートガーデン(公園)
  • カルトンヒル★
  • セントマリー大聖堂
  • ナショナルギャラリー

 

その他エリア

  • アーサーズシート(丘)
  • ポルトベロ
  • 王立植物園(ロイヤル・ボタニック・ガーデン)
  • オーシャンターミナル
  • リースウォーター

 

もちろん面白いところは他にも沢山ありますが、私的にはこの辺が王道かなと。
エリアごとに周る感じで、その他エリアのところはバラバラに位置しているので日付に余裕があれば分けても…。カフェとかパブとかが好きだともっと時間がかかるかもしれませんね。この間来てた友達は、四日以上いました。季節にもよりますね。冬はどうしても日が短くて昼間にいけるところが限られますし、逆に夏は明るくて暖かいので色んなところに行きたくなるかも。ビーチとか。

 

 
 
IMG_20151103_162207
ノースブリッジから見たオールドタウン。霧がかかるとまたミステリス。
IMG_20150830_200853
ノースブリッジから見えるモニュメントと観覧車。
観覧車は8月と12月限定です。夕焼けがいつも綺麗。

 

それではいよいよ、こちらが私の考えたエディンバラ観光王道プラン三日用です。やはりできれば三日いてほしいですね。

エディンバラ観光王道プラン三日用

<一日目>

  • 朝イチでオールドタウンのツアーに参加。(ノースブリッジ近くのスターバックス前10時)
  • ロイヤルマイル散策
  • エディンバラ大学

 

<二日目>

  • ニュータウン散策
  • プリンシスストリート
  • プリンシスストリートガーデン
  • カルトンヒル
  • スコティッシュモニュメント
  • セントマリー大聖堂

 

<三日目>

  • 他のエリア
  • アーサーズシート
  • ポルトベロ
  • 植物園
  • オーシャンターミナル

 

 

みたいな感じで。もし日程が三日以上であるなら博物館や美術館もまわれると思います。ロンドンに比べたらまぁ美術館なんかは個人的には優先順位低い。でも結構国立博物館とかは大きくて楽しいって友達も言ってました。無料ですしね。あとはデイチケット(一日乗車券)を買うと一日ナイトバスを含め乗り放題になるので、もしこのプランに沿うなら、三日目だけバスのデイチケットを買うのも良いでしょう。

 

あともし何かのついでで寄った、超多忙な方の弾丸旅行とかで、もしエディンバラにいられるのが一日しかなかったら。私だったらツアーは諦めて自分で早足で歩きます。

エディンバラ観光王道プラン一日用

<午前中>

  • ロイヤルマイル
  • エディンバラ大学付近

<午後>

  • プリンシスストリート
  • カルトンヒル

 

やっぱりちょっと一日だけ観光するとしたらなら中心街だけですね。午前中にオールドタウンで、午後にニュータウンです。なぜ午後にニュータウンかというとカルトンヒルから見る夕焼けが綺麗だから。

一日じゃやっぱエディンバラ観光を楽しむには短いです。でも例え一日でも来る価値のある街です!
もし何かの用事でグラスゴーに行くときに一日だけエディンバラに来るとか…。
グラスゴーからバスで一時間ですからね。チケットもネットでMegabusなどを利用して買えば£4.5くらいから、安く買うことができます。
エディンバラには、ホントに日本人のイメージする中世風のヨーロッパの街が広がってるので一生に一度は皆さん訪れるべき!
私結構旅行していますが、ヨーロッパの街って言ってもだいたい中世の街っていうのは普通街の中心部に一部だけって感じで、あとはモダンな感じが多いんですよね、それはそれで楽しいんですけど、エディンバラは違います。
エディンバラは街の端から端まで古い街が広がっていて、こんなに古い建物がひしめき合ってる街って世界でも他にないんじゃないかなって思います。
中世の時代にはきっとエディンバラはさぞ栄えた大都会だったんでしょうね。
エディンバラはまさにハリーポッターの感じです。というかハリーポッターはエディンバラで書かれたのでまじでモデルです。

 

次の記事ではとりあえず三日のプランに沿って、まずはおとぎ話のようなオールドタウン、
買い物やカフェが楽しいニュータウン、その他に分けて写真つきで詳しく紹介していきたいと思います。
 
 
 

【写真大量】おとぎ話の街エディンバラ・オールドタウン、必見場所10選! お城やエディンバラ大学校舎、ハリーポッターゆかりの地など。

【写真大量】エディンバラ・ニュータウン、絶対行くべき10選。揚げチョコ、隠れた名大聖堂など

【写真大量】エディンバラ、中心街を離れて観光。日数に余裕がある旅行者向け。