コスモポリタン・エンジニアライフ

イギリス・他ヨーロッパ留学情報、イギリスでの生活情報、海外就職など。

カテゴリー: エディンバラ (Page 1 of 2)

エディンバラでスコティッシュ・フルブレックファストを比較、おすすめ4軒。味重視、値段重視など。

イギリスといえば「フルブレックファスト (Full Breakfast) 」と呼ばれるイギリス式の朝食が有名です。 ソーセージやマッシュルームなどを大きなプレートに乗せた朝食は日本でも有名だと思います。 このフルブレックファストはイギリス国内でも地域によって少し差があって、スコットランドではスコットランド式の「スコティッシュ・フルブレックファスト (Scottish Full Breakfast) 」が食べられます。 基本はイングランドのフルブレックファストと似ていますが、スコットランド名物のハギスあるいはブラックプディング、スコティッシュソーセージなどが入ります。 実は朝ごはん文化はイギリス... Read More

エディンバラの良いところ・悪いところ

エディンバラはイギリス・スコットランドの首都で、名門エディンバラ大学を含め大学が全部で4つありますし、スコットランドでは2番目、イギリス全体でも7番目に大きな都市なので留学や仕事で来られる機会のある方も多いと思います。 今回は、エディンバラ在住四年目の私が、エディンバラ移住を考えている方のために、エディンバラのいいところと悪いところをご紹介したいと思います。 私は留学・就職を経て、未だエディンバラに住み続けているので、基本的にはとても住みやすくて良い街です。もちろん誰にもオススメしますが、具体的には何がいいのか、そして悪いところもあるのか気になると思うのでそれぞれに分けて書いていきたいと思いま... Read More

ハギスが美味しいレストラン Arcade Bar、エディンバラオールドタウン

ハギスとは スコットランドの名物料理と言えばハギス。羊の内臓を詰めた料理です。レバーとかを食べ慣れている日本人なら美味しく食べられると思いますが、そうじゃないと結構グロく見えるなかなかのゲテモノ系の名物料理です。 詰めて味付けした内臓を崩してオーブンで焼くのが伝統的な食べ方ですが、スコットランド料理店へ行っても、レストランで食べられるのはそれをハンバーグ状にしたものが多くて、トラディショナルなハギスを食べられるお店は選ばないとありません。 今回は友達とちゃんとしたハギスを食べようとオールドタウン、Cockburn Street (コクバーンストリート)のArcade Barへディナーへ行きまし... Read More

エディンバラ空港から市街まで、ルート3つ。値段と所要時間の比較。

空港からエディンバラ市街まで、交通手段を紹介します。 情報は2017年12月現在のものです。料金など変わっているかもしれません。ご確認ください。 エディンバラには公共交通手段として、バスとトラムがあります。バスは空港からは3つルートがあって、そのうち街の中心へ行くものはバス100番、通称Air Linkです。その他にバス200と300があり共に市街地へ向かいますが微妙に外れたルートを通るので、市街地へ直接向かう場合以外は、ホテルの最寄りバス停を調べて選ぶと良いでしょう。ちなみにエディンバラに地下鉄はありません。以前は安いローカルバスの35番がありましたが名称が300に変更となり、料金も100と... Read More

エディンバラでエッグベネディクトを食す。

きっかけは私がツイートでオランデーソースの写真をアップロードしたことでした。 (掲載の許可を頂きました) オランデーソースとは何かを知らず、スーパーで見かけて適当に買って食べてたんですが、エッグベネディクトという料理に使われるソースらしい…。 ということで、教えてくれた友達とエッグベネディクトを食べに土曜の朝からカフェに行くことになりました! ちなみにエッグベネディクトはカフェで朝ごはんのメニューって書いてあるんですけど、私達の行ったカフェでは週末は終日朝ごはんが食べられるそうです笑   こちらが今回行った、エディンバラのシティーセンターにあるエッグベネディクトが食べられるお店。... Read More

イギリス・スコットランドでお土産にオススメの人気のお菓子やドリンク5つ

スコットランドには綺麗な都市や雄大な自然など、旅行できるところが沢山あります。せっかく旅行して楽しんだ後は友達や家族に旅の思い出をおすそわけで、お土産を買っていきたいところですね。旅行者の他にもスコットランド在住の人など、親しい人に、住んでいる場所の名産品を持って行くと多少なりとも異国のことが分かってもらえて、話も弾んで。 そこでスコットランドに3年暮らす私が、帰省時などにお土産にいつも買っていくもの、買って行って喜ばれたもの、おすすめのスコットランドのお土産を紹介します。 スコットランドのお土産というとウイスキー…なんて思いがちですが、実はウイスキーよりも、こういうものの方が喜ばれると思いま... Read More

【写真大量】巨大!エディンバラのクリスマスマーケット、プレゼントのアイディア等。

クリスマスといえば!

ヨーロッパではクリスマスは家族で過ごす大切なイベントで、日本の正月に価値的には似ています。だいたい皆帰省して、クリスマスは伝統料理を食べてプレゼントを交換して過ごします。

ヨーロッパの家庭でクリスマスに呼ばれたことも何度かあるので、いわゆる映画で見るようなクリスマスがありますね。それこそ暖炉のある家も沢山あるし、ツリーの下にプレゼントの箱を並べて、暖炉を囲んで皆で薄暗い部屋で語り合うとか…。

イブの夜には伝統料理をどの国でも作りますね。それぞれやっぱりクリスマス料理は気合が入っている。

しかしクリスマスが大切過ぎて、全て成功させないと…というプレッシャーを感じる人もいて、そういうのは「クリスマス・ストレス」と呼ばれています(笑

続きを読む

【写真大量】エディンバラ、中心街を離れて観光。日数に余裕がある旅行者向け。

エディンバラ王道観光地シリーズ、第三記事目は中心街以外のエリアです。 やはり優先順位としてはまずはオールドタウンやニュータウンですが、それ以上に予定が余ってしまう人は古い町並み以外のエディンバラも。 エディンバラはヨーロッパの都市としては大きい方なので、街の一番中心以外にも面白いところが沢山あります。 日数に余裕があるかたは、こんなところもまわってみてはいかがでしょうか? 1、アーサーズシート ロイヤルマイルを一番下まで行くと、右手に大きな丘が見えてきます。 その丘が、アーサーズシート、つまりアーサー王の玉座。 遠目に見るとちょこちょこっと登れるかな~って気がするんですけど、意外とタフで... Read More

【写真大量】エディンバラ・ニュータウン、絶対行くべき10選。揚げチョコ、隠れた名大聖堂など

  北のビッグベン? エディンバラの時計塔。 エディンバラ・ニュータウンは、エディンバラ中心街のうちの、ノースブリッジを挟んで北側のエリアです。 1、ニュータウンの歴史 ニューと言っても街が作られたのは18世紀で、オールドタウンに比べてニューっていうだけの話です。 昔エディンバラが13世紀ごろオールドタウンのお城を中心に作られたあと、何百年もたって、人口が増えて、家も古くなって、エディンバラのお金持ち達は新しい街と家を作って引っ越すことにしました。 その時に建築家の中でコンペティションがって今のニュータウンのデザインに決まったらしくて、まぁちゃんと計画されてできた街な... Read More

【写真大量】おとぎ話の街エディンバラ・オールドタウン、必見場所10選! お城やエディンバラ大学校舎、ハリーポッターゆかりの地など。

    このオールドタウンは13世紀に作られたエディンバラ最初の街で、お城から延びるロイヤルマイルを中心に広がる旧市街です。 今回は私が日々携帯に撮りためた写真達とともに、オールドタウンを詳しく紹介したいと思います。 1、エディンバラ・オールドタウンツアー。 ロイヤルマイル、ノースブリッジを渡ってすぐ。 ここのスターバックス前から毎日ツアーが始まります。 オールドタウンは色々入り組んでいるので気ままに歩いても楽しいですが、効率よく漏らさずまわろうと思うと大変なので、ノースブリッジ近くのスターバックス前から毎日無料のツアーなんかも出てて10,11,14時に一日三回や... Read More

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén