コスモポリタン・エンジニアライフ

イギリス・他ヨーロッパ留学情報、イギリスでの生活情報、海外就職など。

カテゴリー: 旅行情報

パリから格安直行バスでモンサンミッシェルへ! チケットのとり方、当日の様子など。

今回ずっと行きたかったあの有名なフランスの修道院モンサンミッシェルまで、パリから直行バスを利用して日帰り旅行へ行ったので、チケットのとり方、着くまで、着いてからをご紹介します! チケットの予約の仕方 モンサンミッシェルまでの、パリからのバスはGoEuroを利用して予約しました。GoEuroはヨーロッパ全域の交通手段を比較できるサイトで、いつもヨーロッパで旅行する時にはこのサイトを利用しています。 残念ながら日本語版はないので英語の苦手な方のために、検索の仕方をご紹介します。 ①トップ画面の検索欄に出発地と目的地、日付を入力。 パリは英語で”Paris”、モンサンミッシ... Read More

フォートウィリアム旅行! エディンバラからカレドニアンスリーパーで。

フォートウィリアムへ一泊旅行へ行きました! エディンバラからカレドニアン・スリーパー(CALEDONIAN SLEEPER)という列車に乗って直通で行くことができます。   カレドニアン・スリーパーでフォートウィリアムへ! カレドニアン・スリーパーのチケットや、その他列車のチケットはScotrailのホームページで買うことができます。また、バスなども含め安い方法で行きたい人は、GoEuroなどの交通比較サイトや、イギリスいち安いで有名のMegabusのホームページなどで探してみると良いです。 私が今回乗ったのは、エディンバラを朝の4時に出発する安い便です。本来は寝台列車なので、ロンド... Read More

スコットランドのハイランドでワイルドキャンプ! 愛用キャンプ用品とキャンプスポット。

スコットランドハイランドといえば自然がいっぱいで有名です。 実はスコットランドでは北欧諸国のようにワイルドキャンプ(野営)が認められています。自然を享受するのは国民の権利という考え方ですね。 同じイギリス国内でもイングランドでは認められていないので注意です。以前は良かったみたいですが。   ワイルドキャンプのルール ワイルドキャンプをする上でのルールはScottish outdoor access codeと呼ばれていて、 基本的なルールは ゴミは持ち帰る テントを張った跡や火を使った跡を残さない(地域によっては焚き火禁止) 自然汚染をしない などごく常識的なものです。 焚き火に... Read More

トルコランプの価格交渉 at イスタンブール、バザール

以前トルコの首都イスタンブールへ旅行しに行った時のこと。 イスタンブールはとても大きくて、有名なブルーモスクを含め沢山のモスクやエキゾチックな食べ物、お店が並んでいて、期待以上に素晴らしい旅行となりました。 その旅行中私が一つの目的として達成したかったのがトルコランプの購入です。 様々なガラスで彩られたトルコランプ、ホントに綺麗で、見た瞬間絶対に持って帰りたいと思いました。 このトルコランプ、とってもエキゾチックでおしゃれなので、買って持って帰りたい、という人も多いと思います。しかし、問題はトルコランプを購入する価格です。 日本人は知らない人が結構いますが、トルコのバザールでは値段交渉が当た... Read More

ディズニーランドパリ、チケットが安く買える割引サイト、園内の雰囲気、日本との違い

この度念願だったディズニーランドパリに行ってきました! 今回パリ旅行へ3日でかけ、その中で最も楽しみにしていたのがこのパリのディズニーランド。パリ旅行三日目はディズニーと決めていたので朝から入園しました。日本の東京ディズニーランド以外のディズニーパークへ行くのは初めてだったのでとっても嬉しかったです。   来園前の準備 ディズニーランドパリのロケーション ディズニーランドパリはパリ市内から東へ車で電車で約1時間進んだところにあります。 東京ディズニーランドも千葉にあるので有名ですし、都市部の大きなテーマパークはやはり郊外にあるものですね。   割引チケットの買い方 ディズ... Read More

女性一人でヨーロッパで安全にヒッチハイクする方法、5つの鉄則。

三年ほど前から、旅行の時、ヒッチハイクを楽しんでいる女子です。 元々はお金がなくて、それでも旅行したかったのでヒッチハイクに挑戦しようと思ったのがきっかけです。 2013年には、ヒッチハイクでヨーロッパ一周、7000kmを一ヶ月で回る旅をしました。イタリア、スペイン、ポルトガル、ドイツ、ポーランド、ギリシャ、トルコで主にしました。全部ヒッチハイクで移動しました。もちろん色々波乱万丈ではありましたが、無事に目的地全てに行くことができ、忘れられない思い出となりました。   ぶっちゃけ、女性一人でのヒッチハイクはめちゃめちゃ簡単です。特にアジア人は安全そうに見えるのか、ほぼ待ちなしでどんど... Read More

イギリスのバスの乗り方・マナー超詳細。乗る順番から降りる時の挨拶まで。

イギリスといえば2階建てバスが有名です。だいたい大きな都市ならどこでも2階建てバスが走っていて、ロンドンを除けばもっぱら地下鉄よりバスが多いです。 私の住むエディンバラでも、一部最近トラムが走り出したりはありますが、基本的にはバスが市民の移動手段となっています。 そんなイギリスでバスに乗る時は、乗り方やマナーが日本と少し違うところがあるのでご紹介します。     1,乗る時のマナー 料金を払うタイミング イギリスのバスは、まず先払いです。これは、普通イギリスのバスが料金が一定で、どこまで行っても一回の乗車で同じ金額を払うからです。 出入り口は運転手さんの隣に一つしかなくて... Read More

安く海外旅行する方法!①CouchSurfingでホテル代節約

私は今まで学生でありながら30か国ほどを旅してきました。もちろんちゃんと大学に行って、アルバイトして貯めたお金で、です。 それで貯められる貯金と言ってもせいぜい月5万とかなので、普段買いたいものとかもあるし、あまり貯金はありませんでした。でも時間がある学生時代に行けるだけ海外旅行には行きたい…。そこでとにかく安く旅行する方法を沢山調べました。 色々やって行きついたのはCouchSurfingとヒッチハイクです。 元々は安い旅行のために始めたこの二つですが、正直言って私の人生を変えてくれたものと言っても過言ではありません。お金のためじゃなくてもオススメできる旅行の方法です。 野宿とか色々あると思... Read More

【写真大量】エディンバラ観光の要、オールドタウン、必見10選! お城や大学校舎、ハリーポッターゆかりの地など。

エディンバラのオールドタウンは13世紀に作られたエディンバラ最初の街で、お城から延びるロイヤルマイルを中心に広がる旧市街です。 今回は私が日々携帯に撮りためた写真達とともに、オールドタウンを詳しく紹介したいと思います。   1、オールドタウンのメインストリート “ロイヤルマイル”   エディンバラのオールドタウンを散策するなら、まずはツアーに参加するのがおすすめです。 オールドタウンは色々入り組んでいるので気ままに歩いても楽しいですが、効率よく漏らさずまわろうと思うと大変なので、ノースブリッジ近くのスターバックス前から毎日無料のオールドタウンツアー... Read More

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén