コスモポリタン・エンジニアライフ

イギリス・他ヨーロッパ留学情報、イギリスでの生活情報、海外就職など。

タグ: イギリス (Page 2 of 4)

イギリスでボイラーの圧力が下がった、お湯が出ない時の直し方

イギリスで暮らしていると、家での事情も日本とは色々違います。とにかく色んなものがよく壊れます。 その中でも特に困るのがよくお湯が出なくなることです。この度友達の家のお湯が出なくなったのを直してきたので、イギリスの湯沸しボイラー直し歴3年の私がやり方を説明します。   イギリスではだいたい家の中にボイラーがあってそこでお湯を沸かしていますが、お湯が出なくなったとき、そのボイラーのディスプレイにエラー番号が表示されます。 そのエラー番号を説明書などで確認すると、“Low pressure”(ロー・プレッシャー)と書いてあることがあります。 つまり、圧力が下がった。... Read More

【混乱】イギリスの紙幣は銀行ごとに違う絵柄を発行。スコットランド主要銀行の紙幣。

イギリスでは、日本の銀行のように1000円札なら野口英世と決まっているような一つのデザインに紙幣の柄が統一されていません。 なんと、各銀行ごとに違う柄の紙幣を、金額ごとに発行しています。何を言っているのか分かりづらいかもしれないので、お見せします。   スコットランドで流通している4つの10ポンド紙幣 こちらがイギリスの£10紙幣で、左上がRoyal Bank of Scotland、右上がClydesdale Bank、左下がBank of England、右下がBank of Scotlandです。 それぞれ違う偉人の肖像を柄に使っていて、基調色は統一されていますがデザインは全... Read More

イギリス人と日本人等各国の働く意欲、態度の違い。

イギリスで働いていて、感じるのが、イギリス人は働く姿勢が日本人と違うということです。 最近日本でも、働き方改革、お客様は神様精神廃止、など色々ありますが、イギリスではさらに働きやすい労働環境が整っていると思います。 それを私がよく感じるのが、金曜になると、会社で皆が「やったね、金曜日だね」と言い合ってることです。早く仕事が終わるといいね、午後はもうやってられないよと上司に対してでも皆口に出していいます。 隣のチームのフレンドリーな上司がよくもうすぐ帰れるね、やったねみたいなことも言って来るんで、いつもそれ言いますけど罠じゃないんですよねって言ったら、「ははは、そうそう君が仕事嫌がってもう帰りた... Read More

イギリスのバスの乗り方・マナー超詳細。乗る順番から降りる時の挨拶まで。

イギリスといえば2階建てバスが有名です。だいたい大きな都市ならどこでも2階建てバスが走っていて、ロンドンを除けばもっぱら地下鉄よりバスが多いです。 私の住むエディンバラでも、一部最近トラムが走り出したりはありますが、基本的にはバスが市民の移動手段となっています。 そんなイギリスでバスに乗る時は、乗り方やマナーが日本と少し違うところがあるのでご紹介します。     1,乗る時のマナー 料金を払うタイミング イギリスのバスは、まず先払いです。これは、普通イギリスのバスが料金が一定で、どこまで行っても一回の乗車で同じ金額を払うからです。 出入り口は運転手さんの隣に一つしかなくて... Read More

イギリス・スコットランドの気候①年間の気温、服装と詳細

Twitterでスコットランドでの気候について質問があったので、今回は一年を通しての気候について詳しく書きたいと思います。これからスコットランドに引っ越す方、旅行される方の参考になれば。ロンドンだとこの記事の情報より一回り暖かいくらいですかね。 エディンバラに住んで四年、季節も四周しているということで、だいたいの気候はわかりました。 まず、スコットランドにいて思うのは、年間を通して気候の変化が非常に穏やかだなということ。もちろんかなり北の方にあるので、冬は寒いんですが、でも緯度の割には海流のおかげで温かいし、夏も日本の春くらいまでしか暖かくならないので、一年を通して耐え難い気候というのはあまり... Read More

海外に移住してよかったこと。海外移住を躊躇している人へ。

前回の海外生活・イギリス生活三年目で辛いこと、大変なこと4つ。の記事と比較して、今回は海外に移住してよかったなと思うことを書きたいと思います。 イギリスに移住して三年、もうしばらくはいることになりそうですが、やはり総合的に楽しいからここにいる。別に結婚したとか、親の転勤がとかそういうわけじゃないので自分で選んでこのイギリスに住んでいます。やはりそれはそれなりの魅力があるからだと言えると思います。 では、海外移住してよかったなと思うこと。 1,様々な生き方を許容される。 これが私が感じる日本との大きな違いです。 とにかく早く結婚しないの?とか、仕事しなきゃダメだとか、大学に行ってないとダメだと... Read More

イギリスの新しい1ポンド硬貨、詳細を政府公式サイトより翻訳

2017年3月からイギリスの1ポンド硬貨が変わりました。 日本でも紙幣が変わったり、高額な500円硬貨変わったりしましたしね。やっぱり高額な硬貨や紙幣は偽装問題なんかがあるみたいです。 それで1ポンドコインもシックでシンプルなデザインでかっこよかったのに変わっちゃったみたいです。 それにしても日本の硬貨にくらべてイギリスの硬貨はずしっとしてます特に1ポンド。旧1ポンドも新1ポンドもかなり厚くて、財布に何個もあると結構な重さになります。 その重さに慣れていると日本の硬貨がお金っぽく感じなくなるかも…。 で、これが今回変更されたそのコインです。 ちなみにイギリス政府はこんな”新しいポンドコイン”... Read More

イギリス生活で節約に必須の安いお店やサービス5つ。洋服・食品・旅行など。

イギリスで節約生活するなら知っておきたい各業界の最安ブランド。 1、洋服 - Primark これは金銭感覚狂う、イギリスの激安洋服ブランドPRIMARKの記事で紹介しました、イギリスの激安洋服ブランドです。 ユニクロ的なヘルシーな感じのファッションブランドで、安くてちょっとおしゃれで、とても人気があります。正直日本でもここまで安いところってなかなかないと思います。 商品のバリエーションもすごいですし、結構ここで買っても人と被りにくいです。 イギリス全土どの街にもだいたいありますし、エディンバラにもいくつかあります。 カジュアルからフォーマルまで揃うお店で、洋服だけでなくてちょっとした家庭用品... Read More

結局イギリスの食べ物はまずいのか!? 日本とイギリスの食文化、外食文化の違い。

イギリスといえば、何が有名ですか。

色々ありますが、食べ物がまずいで有名。すごい不名誉な特徴ですねw

しかし実際にイギリスに住んでみて、こちらでの食事についてどう思うのか。

もうすぐイギリスでの生活も三年になりますが、正直言って初めはイギリスの食べ物がまずいってデマ流したやつは誰だよ!って思うくらい結構おいしくてびっくりしました。

スーパーでの食材もよっぽど日本で買うより野菜とか安いし、日本にはないようなものすごい数のチーズとか、ワインとか、全然イギリスで食べるの悪くないじゃん!って思いました。

しかししばらくすると、色々と考えが変わってきました。

続きを読む

イギリスの食品スーパー9社の特徴を比較! テスコ、モリソン、Lidl、M&Sなど。

海外で住む中で毎日気になるのが食生活。

イギリスのスーパーマーケット(グローサリーストア)はチェーン化が進んでいて、日本のコンビニ的に同じスーパーが全国どこにでもあって、逆にローカルなショップは少ないです。

南欧の方では今もローカルな八百屋さんとか沢山あるのにね。

チェーン展開なので各スーパーの特徴を知っていると色々便利。というわけでイギリスのスーパーを紹介します。やっぱり各ストア特徴を出そうとしていて微妙に違いがあるんですよね。

続きを読む

Page 2 of 4

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén