コスモポリタン・エンジニアライフ

イギリス・他ヨーロッパ留学情報、イギリスでの生活情報、海外就職など。

タグ: 交通

エディンバラの新型二階建てバス車両。路線22。(動画あり)

エディンバラには地下鉄などはないので、(一部トラムはありますがあまり便利じゃない)基本的にはバスが公共交通手段になります。 エディンバラのバスとトラムはほとんどがLothian Busという会社の路線で、たまにLothian Busがいかないところを別の会社も走っています。そのおかげ?でLothian Busは相当儲かっているようで、常に新しい車両を投入し、時刻通り走るし、数もかなり多いので座れないということもほとんどありません。この間マンチェスターに行った時は、マンチェスターでは三社くらいが競い合っているので料金は安いものの、車両はボロボロ、常に満員で乗り切れないこともしばしば。その点エディ... Read More

イギリスの歩行者優先の横断歩道 クイーンライト

  この黄色いランプと黒白の柱が歩行者優先の横断歩道のしるしです。 ぐぐったところ正式名称は”Belisha beacon“っていうらしい。通称クイーンライトまたはゼブラクロッシング。 これは歩行者優先の横断歩道のしるしで、これがあるところは歩行者が渡ろうとしている時車は必ず止まらなきゃいけません。 信号とかで待つより早く渡れるし、イギリス特にスコットランドは車がかなり運転荒くて結構危ないのでこれが助かります。 クイーンライト無視で行こうとする車は見たことないし、バスでもなんでも絶対に止まってくれます。 まぁ混雑する道だと渋滞の原因になりそうだから別に急いで... Read More

ヨーロッパの街の景観対策。イギリスのおしゃれな横断歩道。

ヨーロッパで世界に誇れるものといえばまず街の景観です。中世の教会やお城など色々な建物が残っていて、エディンバラでも13世紀から続くゴシック様式やバロック様式の建物が立ちならぶ古い町並みを活かすため、建造物に関しては様々な法律がありますし、景観を守るために町中でも沢山の工夫がされています。 日本のように電線というのは基本的に見当たりませんし、特に観光客の多いエリアでは電灯のデザインなんかでも凝っています。街の看板なども、エリアによっては使える色など厳しく規制されていますし、アパートに取り付ける窓の枠の色や素材でさえ、景観を守るため、エディンバラでは古い建物の場合は木製の白と決まっています。 そう... Read More

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén