コスモポリタン・エンジニアライフ

イギリス・他ヨーロッパ留学情報、イギリスでの生活情報、海外就職など。

タグ: 英語 (Page 1 of 2)

自然な英語習得のコツ。フレーズよりシチュエーションで学ぶ。便利なサイトも紹介。

日本での英語教育の開始時期は年々早まっていて、2020年からは小学校3学年からの英語教育が始まります。国際化が進む現代社会で、英語を身につけることが重要であることは多くの人が気づいており、仕事などでも海外の会社を取引があったり、英語を使う状況が増えてきました。 日本人は元々受験などでしっかりと英語を勉強し、文法が比較的得意だったり、アカデミックな語彙にも強い人も多いですが、そんな中でも日本人がつまづきやすいのが、自然な英語を身につけることです。 つまり、文法的には合っている、意味は分かる、でもなんかへん。という英語を話してしまう人が沢山いるということです。 これはイギリスで暮らしていても、日本... Read More

iELTSライティングの練習におすすめのサイト、勉強法。モデルアンサーを沢山読む!

イギリスの大学に応募したり、ビザを申請するのに必要な英語の試験iELTS。英語力を総合的に見られるので、苦手なものがあると良いスコアが取れないのですが、日本人はライティングが苦手な人が多いです。 私達の母国語である日本語は英語や他のヨーロッパ系の言語と大きな違いがあるので、同じことを言おうとしても、文法的にはあっていても不自然だったり、ボキャブラリーの面で不利だったりします。   モデルアンサーを読む そこで日本人がライティングの勉強で一番大切なのがネイティブの英語を多くインプットすることです! iELTSに限りませんが、文法を必死に勉強しただけでは日本語を訳した英語にしかならず自然... Read More

英語の “Company” の意味(会社じゃない方)

イギリスで生活していると、毎日新しい英語との出会いの連続ですが、今日は私の好きな英単語 “Company” について書きます。 “Company” は一番最初の意味は「会社」ですが、”Company” にはもう一つ意味があります。 それは「相手をする」「楽しませる」というような意味です。 基本的に人同士の付き合いについて言うのですが、日本語にはぴったり一言で訳せる言葉がないので、上記の説明でも分かりづらいと思いますが、実際の使用例を見てみて下さい。 例えば I feel bit sick so I don’t ... Read More

イギリスのフラット探しで見かける英語・用語解説

イギリスでフラットの物件や、フラットメイトを探しているとフラットや共同生活に関する英単語を沢山見かけます。というわけで今回はそんなよく見かける言葉の意味を紹介したいと思います! これからイギリスでフラット探しをする人の参考になりますように。   (写真は全てイメージ画像です、イギリスの物件の写真ではありません)   Clean and Tidy ・・・ 清潔、片づける これはフラットシェアの最低条件に入るような言葉で、だいたい誰でも書いてます。 両方とも綺麗って意味ですけど、Cleanは汚れがないという意味での綺麗、Tidyは散らかっていないという意味での綺麗です。 なの... Read More

アカデミックな英語とは何か

イギリスの大学院に進学する前、まずは英語をと思い、イギリスの語学学校のアカデミック英語コースに通うことを決めました。そこでの勉強はその後の大学院での学習や現在イギリスで生活するにあたっても役立っています。 さて、アカデミック英語を勉強しようと思った時に、自分はアカデミック英語とは大学などで使われる英語、学術的な英語、という程度の印象でしたが、実際の「アカデミック英語」とはなんでしょうか。 アカデミック英語が大学などの学術的分野で使われる英語というのはあっています。アカデミックとは学術的組織のことなので、論文を書く時に使う英語、プレゼンテーションなどで使われるフォーマルな英語ということになります... Read More

日本人が間違えるカタカナ英語の発音。データ、メルセデス、チョコレート、キャリアなど。

日本語のカタカナって素晴らしいです。割と英語の発音を正確に表していて、英語風にカタカナを言えばほとんどの場合そのままの意味で通じます。和製英語なども色々あって、通じなかったり間違えてしまうこともありますが、しかし英語を調整しているとはいえ日本語はかなり取り入れているので、カタカナから英語への発音の変換方法さえ身につけば日本人は実は結構英語を学ぶので有利な点も多いのでは…と最近は思っています。 しかし。逆にカタカナがうまく英語に直せすぎてしまうからこそ逆にカタカナの発音が違っていた時が直しづらい。 そこで、日本人が間違えがちなカタカナ英語のと本物の英語を比べてみましょう。   1、「ア... Read More

社会人もできる良い英語勉強法…日本語を断つ。英語でググる。

英語を猛勉強しイギリスに大学院留学しさらに現地で就職した私が、英会話教室や教科書とは違う、英語が上達する方法をご紹介します。 英語を集中して勉強している学生さんはもちろん、時間のない社会人でもどうにか英語がペラペラになる方法…それはズバリ ”日本語を断つ” これが一番簡単かつ効果があります。 要するに英語にできるものは全て英語に置き換える。 1,ニュースを英語で仕入れる 例えば毎日読んだり見たりするニュースなんかは英語でも同じことが載っているので英語のニュースを読みます。ニュースはほんとにボキャブラリーも多様で、すぐに使えるフォーマルな英語が沢山出てきますし、時事もカバーし、勉強に最適です。... Read More

日本人が海外生活で間違える日常英語・和製英語

英語は日本語と大きく違う言語なので、日本語を母語とする私達がそのまま言うと間違った表現というのが沢山あります。意味は分かるけど、単に間違っているというやつですね。 その中でも日常生活の中で日本人がつい言ってしまいがちな間違った英語を挙げます。   1、Take out(テイクアウト) -> Take away(テイクウェイ) 「持ち帰り」 これめちゃめちゃ間違いやすい英語ですね。Take outでも分かってくれるかもしれませんが…。ファーストフードなどで持ち帰りをする場合は正しい言い方は「Take away」です。まぁこれは注文の時に向こうがTake away?って聞いてくれる... Read More

英語独特の表現 日常会話編

イギリスへ大学院留学をし、さらに現地で就職し、日常ではほぼ英語しか使わない生活が数年続く中、だんだんと日本語にはない英語やヨーロッパ言語独特の表現というのが身についてきました。私が英語を勉強する上で見つけた日本語には訳せない英語を紹介したいと思います。こういうのが使えると逆に日本語では言えないことがもどかしく感じます。   1、That makes sense. このMakes senseという言い方が英語独特です。日本語に無理やり訳すと「理にかなっている」という感じですが、そんな言葉日本語じゃあまり使いませんね。でも英語では日常会話によく出てくる表現です。 例えば Why you ... Read More

どうやって9か月でiELTS7.5を取ったか。大学院留学英語の勉強方法。

イギリスのエディンバラ大学を卒業し、今はそのままエディンバラのIT企業に就職した私ですが、よく英語をどうやって勉強したのか聞かれるのでまとめたいと思います。 私の大学院入学時のiELTSのスコアは総合で7.5です。特にリーディングとリスニングでは8.0を取ったのでそれなりに自慢できるスコアだと思います。 iELTS他のテストとのスコア換算表のサイトによれば、iELTS7.5はTOEFL iBT102~109、TOEIC970~990、英検なら1級以上と載っています。 もちろん違うテストなので正確な換算というのはできませんが。 でも私が実際に英語の勉強を始めたのは20歳くらいからで、大学院留学に... Read More

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén