コスモポリタン・エンジニアライフ by はるか

イギリス・他ヨーロッパ留学情報、イギリスでの生活情報、海外就職など。

-->

エディンバラでエッグベネディクトを食す。

きっかけは私がツイートでオランデーソースの写真をアップロードしたことでした。 (掲載の許可を頂きました) オランデーソースとは何かを知らず、スーパーで見かけて適当に買って食べてたんですが、エッグベネディクトという料理に使われるソースらしい…。 ということで、教えてくれた友達とエッグベネディクトを食べに土曜の朝からカフェに行くことになりました! ちなみにエッグベネディクトはカフェで朝ごはんのメニューって書いてあるんですけど、私達の行ったカフェでは週末は終日朝ごはんが食べられるそうです笑   こちらが今回行った、エディンバラのシティーセンターにあるエッグベネディクトが食べられるお店。... Read More

海外就職、ビザと妥協

私は昨年からイギリスのリクルートソフトウェアIT企業で自然言語処理エンジニアとして働いています。しかしこの就職が決まるまでは色々な問題がありました。 ビザ問題と狙いどころな求人 イギリスで外国人として働くにあたり、一番問題になるのはビザです。移民の多い国では今どこでもそうだと思いますが、自国民の雇用が圧迫されないように、移民には制限をかけています。 まず①イギリスでは政府の決めた職業の一覧にあるか、あるいは②イギリスではできないと証明できる仕事でしかビザが取れません。私の場合は自然言語処理エンジニアということで、日本語に関する仕事があるので②でした。 またイギリスで労働ビザを取得するには申請す... Read More

イギリスにICカードはあるのか → コンタクトレスカードがあります

日本ではPASMOやSUICAなどのICカードが便利で、今や電車やバスに乗る時だけではなくて、コンビニや自動販売機など、いろいろなところで買い物をするのにもタッチするだけで支払いが済み、とても簡単です。 チャージするのが面倒な場合、クレジットカードに直結させれば自動でチャージもできますし…。そんな都会での生活に慣れた私には、もうタッチで買い物できないとイライラしてしまいます…。 そして、イギリスでの買い物はどうなのか。 欧米はカード社会だと言いますが、その通りで、ちょっとお菓子一つとか、100円くらいの買い物でもバンバンカードを使います。現金を一切持ち歩かない人も多いです。 クレジットカードや... Read More

アカデミックな英語とは何か

イギリスの大学院に進学する前、まずは英語をと思い、イギリスの語学学校のアカデミック英語コースに通うことを決めました。そこでの勉強はその後の大学院での学習や現在イギリスで生活するにあたっても役立っています。 さて、アカデミック英語を勉強しようと思った時に、自分はアカデミック英語とは大学などで使われる英語、学術的な英語、という程度の印象でしたが、実際の「アカデミック英語」とはなんでしょうか。 アカデミック英語が大学などの学術的分野で使われる英語というのはあっています。アカデミックとは学術的組織のことなので、論文を書く時に使う英語、プレゼンテーションなどで使われるフォーマルな英語ということになります... Read More

【混乱】イギリスの紙幣は銀行ごとに違う絵柄を発行。スコットランド主要銀行の紙幣。

イギリスでは、日本の銀行のように1000円札なら野口英世と決まっているような一つのデザインに紙幣の柄が統一されていません。 なんと、各銀行ごとに違う柄の紙幣を、金額ごとに発行しています。何を言っているのか分かりづらいかもしれないので、お見せします。   スコットランドで流通している4つの10ポンド紙幣 こちらがイギリスの£10紙幣で、左上がRoyal Bank of Scotland、右上がClydesdale Bank、左下がBank of England、右下がBank of Scotlandです。 それぞれ違う偉人の肖像を柄に使っていて、基調色は統一されていますがデザインは全... Read More

海外でも知られている有名な日本語。いいやつもあり、不名誉なやつもあり。

海外で暮らしていると意外と日本語のまま知られている言葉って多いんだな、って気づきます。 すごい英語訛りで繰り出される日本語は面白いところもあり…結構びっくりするような日本語が知られていたりもするので、今回ご紹介したいと思います。   1,基本編 Sushi 寿司 これは日本を全然知らない人でもまず知っていますね。ちゃんと寿司の種類としてMakiとNigiriは皆理解してます。同様に、食べ物は色々知られています。Ramen、Katsu Curry、Sakeなど。   Geisha 芸者 これも映画などの影響で知られていますね。着物を着た写真などを見ると反射的に言ってきます。で... Read More

イギリスでインクジェットプリンターで印刷してくれるお店はほぼない。

東京にいた頃は、小平の武蔵野美術大学に通っていて、写真ゼミに所属していたこともあり、DTP、印刷関連のことには割と縁があり、詳しいつもりです。 そしてこっちの大学に通う時に、奨学金の応募でポートフォリオが必要になったので、その写真ゼミの頃の作品を印刷しようとしたんですよ。 印刷機にはインクジェットとレーザープリントというのがあって、レーザーの方が速くて安い、オフィスにあるようなやつです。しかし、インクジェットの方がずっと色味がはっきりするので、ポートフォリオのような大事な写真を刷るなら絶対にインクジェットがいいです。 で、やっと完成したポートフォリオを印刷しようと、インクジェットの印刷をやって... Read More

イギリス留学でフラット探しにベストなタイミング

イギリス留学をするなら、オススメは学生寮よりフラットシェアをすることです。学生寮より、安く、広く、フラットメイトとはより仲良くなれます。フラットを探す手間はありますが、見つかってしまえば良いことづくめです。 で、見つかってしまえばと言いました、これが大変なんです。 日本と違って、ヨーロッパでは空き家率が非常に低く LFPressによれば2016年10月のロンドンセントトーマスエリアの空き家率は僅か2.1%。 the rental vacancy rate for the London-St. Thomas area stood at 2.1 per cent http://www.lfpres... Read More

日本人がやってしまいがちな外国人に対するタブーや偏見

イギリスで暮らしていて、イギリスで色々な国の人に囲まれて暮らしていると、その国の事情や文化、情勢によって、タブーのなってしまうような言動があることに気付かされます。 そこで、私も初めはついやってしまったような、外国人に対して言わないほうが良いこと、やらないほうがいいことを紹介します。   1,鼻が高い コーカソイド、いわゆる白人や、中東系の民族は、アジア人に比べて元々身体的に鼻が大きい、よく言えば鼻が高いです。 アジアでは逆に鼻の小さい、低い人が多いので、わざわざ美容整形手術で鼻を盛り上げたりする人がいるほど、鼻が高いことは周りと違う、スペシャルで、良いことということになっています。... Read More

ヨーロッパ人は英語が上手く、インターナショナルという偏見

ヨーロッパで暮らし始めるまでは、私も外国人・西洋人・白人・ヨーロッパ人みたいな漠然としたイメージで、皆英語が喋れる、インターナショナルな視点も持っている、ヨーロッパでは皆色んな国に旅行とかしていて、アクティブみたいに思っていました。 しかしヨーロッパに実際に住んでみると、私の思っていたことは偏見で、ヨーロッパ人も日本人と対して変わらないな、というのが分かってきました。 まずびっくりするのが、ヨーロッパから出たことのない人がものすごく多いことです。 だいたい自己紹介で私が日本人だと言うと、皆「へー、日本に一度は行ってみたいと思っているんだよね」って言いますが、じゃあ「アジアには行ったことがあるの... Read More

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén