イギリスで暮らしていると、家での事情も日本とは色々違います。とにかく色んなものがよく壊れます。

その中でも特に困るのがよくお湯が出なくなることです。この度友達の家のお湯が出なくなったのを直してきたので、イギリスの湯沸しボイラー直し歴3年の私がやり方を説明します。

 

イギリスではだいたい家の中にボイラーがあってそこでお湯を沸かしていますが、お湯が出なくなったとき、そのボイラーのディスプレイにエラー番号が表示されます。

そのエラー番号を説明書などで確認すると、“Low pressure”(ロー・プレッシャー)と書いてあることがあります。

つまり、圧力が下がった。何の?とにかくこれが基準より低すぎるとボイラーが稼働しません。

 

British GasのWhen your boiler has no pressureのページにこのボイラーの圧力について詳しく書いてあります。抜粋すると

  • イギリスのボイラーではよく起きます。
  • 水圧が下がっているってことなので、1.0に上げます。
  • モダンなボイラーなら水圧ゲージがあります。
  • Fillingloopを使って冷たい水を巡らせることで圧力が上がります。

とのことです。

 

このプレッシャーというのは水圧のことみたいです。それを聞くとなんか危ないものじゃなさそうで安心ですね。

だいたいボイラーにはうちのようにディスプレイにプレッシャーが表示できるようになっていたり、アナログのメーターがついていてそこで見れたりします。

こんな感じで、ボイラーの適正圧力について説明書や、ボイラーに貼ってあるステッカーに書いてあるはずです。友達の家の場合は1.0-1.5barに設定しろと書いてあります。うちでも1.0まで上げろって書いてあって、BritishGasもそう言っているので1.0まであげればとにかくオッケーみたいです。

これが適正圧力以下になるとボイラーが作動しません。だいたい0.5とかを切ると動かなくなります。

 

そういう場合は“Filling loop”(フィリングループ)と呼ばれるバーがボイラーのどこかにあるので探します。

友達の家だとこんな感じでFillingloopと書いてあります。

うちのは書いてないけど、この白い両側のバーがそうで、両方を同時に回すとFillingloopが繋がって開くらしいです。

BritishGasは「開けるのに道具が必要なパネルとかは開けるな」って書いてます…。確かに。Fillingloopっぽいものがいくつかついてる場合もあるのではっきり書いてなければどれがそうなのか説明書読んだりネットで検索するのがよさそうですね。

 

このFillingloopというのを見つけたら、それを回して開けます。開けるとプシューッて音がするので、圧力計やディスプレイを確認しながら、それが既定の適切圧力まで上がるのを待ちます。十分に上がったらバーを閉めます。それで再び落ちなければオッケーです。また下がってしまう場合は何度かやって、それでもだめならちょっと長めに開けて、圧力が落ち着くようにします。

 

 

このFillingloopというのが見つからない場合は、メーカー名で検索したり、「メーカー名+Repressurise」(再圧力)で検索すると説明や、圧力の上げ方の動画などが出てきます。

しかし動画とか見ても皆すぐFillingloopを回して~とか言ってて、Fillingloopってのがまず皆知ってる前提です。イギリスじゃ日常茶飯事だからみんな子供の時から知ってるんだろうか?? 学校で習うの?

 

これ日本でやったことなかったので結構怖いですけど、お湯が出ないと寒いイギリスではシャワーもろくに浴びられないし、すぐに直したい。

大家さん呼んだり業者を呼ぶのも大変なので、お湯が出ない時はまずボイラーの圧力をチェックしてみるといいですよ!

イギリスで暮らしてるとまじDIY(Do it yourself)精神が身につきますね。いちいち大家さんに電話するのもだるい…。だって毎日のように何かが壊れるから…。何でも自分でやってみるようになりました!