コロナ禍で家にいることが多くなったここ1年強。私は今まであまりドラマや映画を見る方ではなかったのですが、家でできることを楽しむようになって、Netflixで色々見始めました。

パートナーがアカウントを持ってはいたんですけど私はあまり使っていなくて、しかし一度ハマるとなんと止まりません!

ついに自分の大型のモニターでもドラマを見たくてFirestick TVも買いました。パソコンと違ってすぐに起動してすぐにドラマが見られる。この手軽さがますます暇だからドラマでも見ようという気にさせます。このように手軽であるほど起動率が上がるから各企業はアプリをダウンロードさせたりしたいんだなーと思います。

そして様々なドラマを見るうちでも特にハマッたのが韓国ドラマです。

正直今まで韓国ドラマはほとんど見たことがありませんでした。母親が結構好きで見ていたので、日本にいた頃時々横で観たことはありましたがそれでハマッたこともないし、最初から最後まで観たこともありませんでした。

ところが去年「愛の不時着」という韓国ドラマがめちゃめちゃ面白くて何度も見ている、Netflixでしか見れない、という話を友人から聞いてそんなに面白いならちょっと見てみるか、とご飯を食べながらパートナーとダラダラ見始めたところ大ハマり。もう続きが待ちきれなくて明日にしようというパートナーに半ギレでこんなところで止められるかー!もう1エピソードだー!と言って1週間くらいで一気に見ました……!ちなみにパートナーもすっかり韓国ドラマにハマって今も一緒に色々見ています。

そこから人からオススメしてもらったり、ネットで面白い韓国ドラマランキングなどを見て他のドラマもいくつか見ました。

その中でも私が特にハマったものを、ネタバレなしでこれから観ようという方のためにいくつかご紹介します。

残念ながらもう日本のNetflixでは配信されていないものもあるみたいなので、ないやつは別の配信サービスやレンタルなどで見てください!

 

愛の不時着

まずは冒頭の通り、私が最初にハマった、そしてなんだかんだで一番ハマったのがこの韓国ドラマです。

愛の不時着ロスになる人続出ということですが私もそうなり、結局3回見ました……。スマホの壁紙もキャプテン李……。

それを見た私のパートナーが嫉妬し「女性にとって男の軍服は、男性にとっての女のビキニみたいなものだろう。僕もビキニのダンを探して待ち受けにするぞ!」と言ったほどです……。

とにかく全てのキャラクターが魅力的ですが男性主人公のキャプテン李がかっこよすぎます。

寡黙でクールでだけど実は熱いところもある、そしていざという時には命がけで守ってくれる真面目な男性。私のドタイプです。

韓国ドラマというと結ばれてはいけない二人が愛し合い、二人を阻む様々な障害に負けずにお互いを求めあうというのが鉄板ですが、このドラマも韓国人の女主人公ユン・セリと、北朝鮮の将校の李ジョンヒョクが、ユン・セリがパラシュートの事故で北朝鮮に不時着したところから出会い、韓国に帰らなければならないユン・セリと李ジョンヒョクが一緒になれるわけがないのに愛し合ってしまう……そんな韓国ドラマらしい大筋があります。そんな葛藤と愛と、命がけでユン・セリを韓国に無事帰そうという李ジョンヒョクの優しさや強さに打ちのめされます。

またユン・セリが大企業の女社長で、自信家で、北朝鮮に不時着しても強く明るく生きぬいていく性格というのも現代の女性がハマる要素ではないでしょうか。私はどうしても弱くて男性に助けられてばかりとか、平凡なのに御曹司になぜか愛される女性みたいな話は根拠を感じなくて楽しく見れないので、ユン・セリのような強い女性と、それを命がけで支える男性像の方がハマります。

ドラマはやはり何かしら壮大な物語があると面白くなりますが、北朝鮮から命がけで韓国に帰るという話自体がドラマチックですごく面白い。韓国にいる脱北者に沢山インタビューして書かれた脚本のようですが、北朝鮮ってどんな国なんだろうという興味も満たしてくれるし、貧しいながらも助け合い強く生きる北朝鮮の人々がとても魅力的に描かれています。

映像もものすごくお金がかかっているのが分かります。北朝鮮の村のセットも作ったらしいですし、撮影もスイス・モンゴル・韓国と三か国で行われたみたいです。

愛の不時着というタイトルからするとなんかちょっとチープな感じがしますが、中身はそれなりにシリアスで壮大なドラマです。ところどころコメディ要素もありますが。もう後半は信じられないほど泣きまくりました。こんなに二人に一緒になって欲しい、幸せになって欲しいと願った物語は他にあったでしょうか……。

太陽の末裔

 

これは母に勧められて、その後韓国ドラマ好きの友達にも勧められて見始めました。愛の不時着で韓国と北朝鮮という壮大さのあるテーマがありましたが、これは軍の特殊部隊と紛争地帯に派遣された医師というまた舞台自体がドラマチックです。女主人公のモヨンは日本人好みの美人な女優ですし、医療ドラマとミリタリードラマのミックスで紛争地帯ならではの事件が繰り返し起きて、サスペンスさもあります。

男主人公のシジンはちょっとキザでナルシストで李ジョンヒョクのような硬派な男性がタイプな私には最初ちょっとハマりきらないところがありましたが、キザでナルシストで自信家な男性が時々見せる余裕のないところというのもちょっとギャップでコロッときました。

これもやはり軍人関係で紛争地帯というのもあり、シジンがモヨンを命がけで守るというシーンが何度もあります。命をかけて守ってくれる男性というのはカッコいいですね。

これは韓国ドラマによくあるロミオとジュリエットのような絶対結ばれてはいけない二人という関係性は薄いですが、でも特殊部隊でいつ出動するか分からないから普通の恋愛はできない、簡単に会えないというもどかしい燃える要素はありますね。

愛の不時着のユン・セリと同じように女主人公のモヨンが強い女性、成功した有名な医者で派遣先でも偉い役で、紛争地帯のシビアな状況でも仕事をこなす強く勇敢な性格であるというのが私がハマるところだったと思います。

 

星から来たあなた

 

これは愛の不時着と同じ脚本家の作品です。これを見て確信しましたが、ドラマで重要なのは一番は脚本です。
愛の不時着ロスを埋めるため、李ジョンヒョクを演じたヒョンビンの他の作品を見ている人が多いですが、私は愛の不時着ロスなら同じ脚本家の作品を見るのがいいと思います。

俳優は違えどキャラクター達の雰囲気や物語の進行などに共通点があります。

男性主人公のト・ミンジュンが李ジョンヒョクのような、寡黙で真面目で、でも惚れた女のためには命をかけて熱くなるところが似ていると思います。
また繰り返しになりますが私は絶対に成功した強い女像が大好きなので、この作品も女主人公のチョン・ソンイがアジア一のスターで超自信家という設定がハマりました。

正直8年前のドラマなのでファッションなども少し古いし、映像も愛の不時着に比べると少しチープさが若干あって大スター感に足りないところがあったような気がしますが、でも自立した女性が大好きな私はすごく好きになりました。愛の不時着のユン・セリよりチョン・ソンイはちょっと賢さに欠けますが、でも明るくて自信家でフェアな性格が共通していて魅力的です。

他のドラマに比べてこの脚本家が優れていると思うのが、「根拠のある恋愛」だと思います。二人が恋に落ちていく過程が時間をかけてしっかり描かれている。一目ぼれみたいな感じだと感情移入できないことがよくあるんですが、このドラマのように最初は全然興味のなかった二人が少しずつ色んなできごとがあるうちにお互いに惹かれていく過程があると感情移入してハマります。

あと韓国ドラマ鉄板のロミジュリ要素としては、男主人公のト・ミンジュンが宇宙の別の星からエイリアンで400年待ってやっとあと3か月後に星に帰るチャンスがやってくる、という時に二人が出会うという設定です。エイリアンっておい!って思いますが、エイリアンなので特殊能力があってそれを使ってチョン・ソンイを守ったり、胸キュンエピソードが色々あったりするので大事です。

そして愛の不時着でユン・セリが韓国に帰らなければいけなかったように、ト・ミンジュンが宇宙の彼方の別の星へもうすぐ帰らなくてはいけない、あと3か月しかないどうする!?というのがまさにロミジュリです。限られた時間の中で愛し合う二人というのはとっても燃えますね。

愛の不時着みたいな引き裂かれる二人の燃える愛を見たい人は是非この作品を見てください。

 

雲が描いた月明かり

 

この作品は韓国ドラマ好きの私の母が絶対に観て!というので観たのですが、私の好みとはちょっとズレたところがあるもののなんだかんだでハマってしまった作品です。このドラマを見て以来、このドラマに出てくるキム様がずっと私のスマホ待ち受けです。

これは簡単に言うと花ざかりの君たちへ的な感じのイケメンが沢山出て来る男装主人公のドラマで、舞台は19世紀李氏朝鮮の時代劇です。

私の好みとズレるというのは、何度か書いているとおり私は強い女像が好きなので、守られてばかりの主人公がちょっとイラッとしてしまうからです……。

しかし私は韓国時代劇も初めてですごく面白かったし、何より二枚目の男性のキム様がかっこよくて出てくるたびに釘づけでした。キム様も私のタイプの寡黙で真面目ながら命をかけて主人公を守ってくれる役なのでハマってしまいました……。

物語の点では朝鮮の王室の話なので国の一大事とか、他国との確執とか、革命軍とか、そういうのも描かれていてほとんどが王宮内での話の割に壮大さもあってなかなか面白かったです。

そして韓国ドラマで大切なロミジュリ要素としては、女主人公は王宮に使える身、男主人公は世子様(皇太子)なので身分が違いすぎて結ばれるわけがない!二人はどうなるの!?というのが燃える要素です。

全体の雰囲気は明るくてシリアスさよりコメディ感が強いかもしれません。楽しく見れるタイプの作品だと思います。

 

ロマンスは別冊付録

 

韓国と北朝鮮とか、大スターと宇宙人とか、王宮の使用人と世子様とか、私がかなり壮大な物語を好むのに対してこれは唯一日常的な舞台でハマッた作品です。
オカルトとかエスパーとかそういうのもなく、日常系だけど主人公二人の魅力にハマりました。あと女主人公が30代後半で、男主人公が年下っていうのも良かったと思います。

女主人公のカン・ダニは夫の経営する会社が倒産、不倫されて離婚、30代後半ブランクありで就職しようとするものの苦戦しホームレスになるという超逆境からのスタート。

そして男主人公のチャ・ウノは出版社の編集長・人気作家・教授でカン・ダニの幼馴染でイケメンというズルいスペック。少女漫画かい!っていう設定で、まさに私のあまり好きでない超ハイスペック男がなぜか女に惚れて守ってくれる系ではあるのですが、カン・ダニがすごく可愛くて、チャ・ウノが好きになる根拠が感じられるからハマったのかもしれません。

あと30代後半でブランクありで就活に苦戦というリアルな感じとかが感情移入できた感じがします。

30代、40代の女性が多くて、女性のキャリアを色々描いてる感じもキャリア志向の強い私は楽しめたと思います。

 
以上この作品が私が今のところハマった韓国ドラマです。最後まで見てもそこまでハマらなかった作品や、途中でやめてしまった作品も結構ありますが、ハマった作品は終わるのが惜しいくらいハマりました。

やはり韓国ドラマは同じアジアだからか恋愛の仕方も似ているところがあったり。アメリカのドラマなんかだといきなり最初から恋に落ちてディープキスからのセクシーシーンとかあってそれはそれでいいけど、韓国の恋愛は日本の作品にもありそうな手を繋ぐのもドキドキ、初キスもささやか、みたいな精神的な恋愛に寄っているのが多くて、日本人の恋愛観にも合うし、韓国人の俳優女優も日本人の好みに合う美貌で、そういうところも楽しめると思います。

今回は面白かった作品と理由をそれぞれネタバレなしで書きましたが、今度は各作品をネタバレありでも詳しく語りたいです。韓国ドラマにすっかりハマってしまったので、今後もっと沢山見たいです。同じような作品にハマった人で、オススメがあればぜひコメントで教えてください。