イギリスの私の会社では毎年自由参加でシークレットサンタという催し物があります。

シークレットサンタはイギリスでクリスマスに一般的に行われるプレゼント交換のやり方で、仕事場や学校などでよく行われるので、シークレットサンタとは何か、またどのようなプレゼントを選べば良いのかをご紹介します。

 

1、シークレットサンタとは

イギリスでのシークレットサンタとは、大勢が集まってプレゼント交換をする時のやり方ですが、各自が決められた相手のプレゼントを買い、それをサンタ役が集めて配り、もらった人は誰からのプレゼントなのか分からないというイベントです。

うちの会社の場合は、くじ引きでプレゼントを買う相手を決めます。

面識の全くない支社の人の場合などもあり、相手のプロフィールを知らないままプレゼントを選ぶこともあり、難しいです。

そして、私の会社の場合ではプレゼント交換当日に、社長がサンタに扮し、一人一人にプレゼントを配ります。

ノリのいいロシア人社長のキャラクターもありますが、これがめちゃくちゃ盛り上がります!笑 皆ロシア語訛りのサンタとか茶化してますが、すごい楽しんでます。

プレゼントは全てサンタからという体なので、誰からのプレゼントなのかは最後まで分からないことになっていますが、実際には会社内で色々噂になり、毎年だいたい誰が買ったのか分かるようになっています。

気合を入れてプレゼント選びをした人はプレゼントが気に入ったかどうか気になったりするみたいなので(笑)

私もなんだかんだ誰からもらったのか結局去年も今年も知ってます!

 

2、プレゼント選び

私の会社では毎年予算は一人£10(約1500円)で、買うものに制限がありません。だいたいシークレットサンタをやる時はそれくらいの予算の場合が多いみたいです。シークレットサンタでなくても、ヨーロッパでは家族や友達にプレゼントを贈りあうので、プレゼントの予算は相手一人につきだいたい皆それくらいで、その値段で買えるプレゼントがお店に溢れます。

イギリスには普通日本のようなラッピングサービスというものはないので、クリスマスなどのプレゼントは基本自分でラッピングセットを買ってきて包みます。クリスマス前の時期には色んなお店にラッピング用品が並ぶのでだいたい£1-2くらいで買えます。

そのラッピング代も込で£10なので、買えるものはちょっとしたものになります。

買うプレゼントはだいたい、真面目に素敵なプレゼントを選ぶ人と、ウケ狙いでジョークグッズを買う人に分かれます。

ジョークグッズを受け取った場合にはプレゼントを買ってきた相手は仲の良い同僚だろうなと予想が付きます。

私の場合は、去年はマグカップ3個セット、

今年はキャンドルセットでした。

ジョークグッズではなかったようですw

ジョークグッズを送られた同僚はパチンコセットとか、SM用鞭とか、そんな感じでしたw

他にも周りの同僚でもらったプレゼントとしては、チョコレート、ガイドブック、小説、ストレス解消ブック、ロボットのおもちゃなど……。£10とはいえ結構色々買えますからね。

私は去年も今年も支社の面識のない人が相手だったので、無難にチョコレートにしました。

シークレットサンタ、選ぶ方ももらう方もすごくわくわくする行事なので、また来年も参加しようと思います! 😀